少子高齢化や核家族化の影響でお墓を継ぐ人がいない、墓守の苦労を自分の子孫にさせたくないと考える人が急増しました。
散骨を行うとき真っ先に考えるのは業者に依頼ではないでしょうか。

もちろん業者に依頼するのも一つの方法なのですが、実は自分で散骨を行うことも可能なのです。

自分で散骨をする事は違法行為にはなりません(ただし私有地の山に撒くなど、誰かの迷惑になるような方法は避けてください)自力で行うメリットは自分のペースで散骨が出来ると言う点です。


生前、故人様が行きたがっていた場所や思い出の場所等を巡ると言うのもいい思い出になるでしょう。

東京の散骨関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

業者を通すとどうしても駆け足で忙しい物になってしまいますし、時間的にも縛りがあります。

また自力で行うと費用を安く抑えられるメリットもあります。行き先で「やっぱりまだ撒きたくない」と思ったときも無理に骨を巻く必要がなく、自由に決定することができます。

業者を介さずに散骨をする際は、まず故人様の遺骨を砕く作業から始めなければなりません。
粉状にせずそのまま海や山に撒くと刑法に触れてしまいます。

利便性を重視したNAVERまとめを求める人にお勧めしたいサイトです。

必ず遺骨は粉骨してください。

粉骨するためには器具をレンタルする、すり鉢やすりこぎを使う、薬研を使う、金槌を使う等の方法があります。

しかし、人間の骨には固い部分と柔らかい部分があります。
柔らかい骨であれば、比較的楽に粉骨が可能ですが、固い骨の場合は手作業での粉骨は困難でしょう。

時間がかかっても構わなければ、薬研での粉骨をおすすめします。



一番簡単に粉骨を行いたい場合はレンタルも粉骨機で行いましょう。