少子化やライフスタイルの変化などによって墓を管理する人が少なくなってきています。

そんな人におすすめなのが永代供養になります。

永代供養は、お墓参りができない人やお墓を管理してくれる人がいなくても代わりにお寺が栄田に渡ってくようと管理をして貰うことができる供養方法です。

一般的に他の人と一緒の墓や同じ納骨堂に安置されることが多いため、合祀墓、合同墓、合葬墓などとも呼ばれています。

先祖代々のお墓とは異なり、お寺が責任を持って永代まで供養と管理を行います。



墓石代がかからなかったり、墓地使用料が割安になる等一般的なお墓と比べて料金が安いという特徴を持ちます。



また、宗旨や宗派を問われることが無いためこだわる必要も無いのが一般的です。
なかには宗派に帰依して檀家になることを条件にしているお墓もあります。


永代供養の納骨方法としては、最初から骨壺から遺骨を出して1カ所にまとめて土に還したり、一定期間まで納骨壇や棚に骨壺を安置してその後土に還す、お骨を分骨して一部を一定期間または永大に安置し、残りを土に還す等の方法で行われています。

気をつけなければ行けないこととしては、子孫が改宗などによって檀家を辞めて信仰を離れた場合には、永代供養の契約を破棄されることが多くあります。

OKWave情報を利用しましょう。

また、霊園が倒産してしまったり寺院が廃寺となってしまった場合なども墓が消滅してしまうことがあるため、絶対に永代が保証されているわけではないことを理解することが大切です。