亡くなった後、生命の起源である海に自分を還して安らかに眠りたいと考え、洋上からの散骨を選択する人が増えています。
生前に特定の宗教を信じなかった人にも、違和感なく受け入れられ、子孫のいない人や子孫に迷惑をかけたくない人にとってもピッタリです。

厚生省も散骨の様な葬送の方法については、墓地埋葬法では想定しておらず、法律の対象外であると表明していますから、まったく問題のない葬送法と言えるでしょう。

陸上での散骨を望む人もいますが、近隣住民とのトラブルなどの問題から実際の散骨は寺院や霊園内の墓地として認められた土地内での散骨(埋葬)となってしまいます。


その点、海洋葬では、気持ちの良い大海原の上から海に還す事が出来るので、故人もきっと満足する事でしょう。
陸地から一定距離をおいたまわりの人に迷惑のかからない漁場、海上交通の要所を避けた洋上で、パウダー状にしたお骨を散骨します。

(法律上お骨と分からない様にする必要があります。)専門的な知識も必要とするので、専門の業者にお願いするのが良いでしょう。



本人は海洋葬を望んでいても、まわりの人がそれでは後に何も残らないのでさみしくて仕方がないという人も中にはいるようです。


そんな場合には最初に分骨しておいて一部を手元供養用に残すという方法もあります。

あなたに合ったAll Aboutの情報はココで集まります。

また、一部を永代供養墓に入れてくれるというサービスを行っている会社もあるようです。


このように、海洋葬も多様化してきました。

北海道から沖縄までの海で行われている中から、自分にピッタリの内容のものを選ぶのが良いでしょう。