最近、テレビなどでよく見聞きするようになりました自然葬を、摂り行う人が増えてきています。
この要因には、少子化や核家族化によって、墓を守ることが難しくなってきたことです。

年代が若くなるほど、宗教や葬儀の関心が薄れ、継承されてきた風習も消え去ろうとしています。
一般的な葬儀には、数百万円の費用がかかり、リーズナブルに行える家族葬が多くなってきています。

また、墓地造成の費用をかけても、維持することができないため。

墓地埋葬も減っています。

故郷の墓参りも、離れて住む所からはなかなか訪れることができず、荒れた墓が各地で目に付くようになりました。

こうしたことからも、墓に埋葬する以外の方法が考えられるようになっています。

その一つに、海や山に散骨する自然葬があります。



自然葬は、それを摂り行う遺族の考えではなく、故人の意思によって行われるものです。



その意思には、自然に還りたいという気持ちはもちろんのこと、墓の管理を子孫に背負わせない配慮もあるのではないでしょうか。少子高齢化によって、変わりつつある葬儀の在り方ですが、古代に行われていました遺体や遺灰を海や山に還す自然葬が、今後ますます増えていくかもしれません。

あなたが求めるwikipediaの最新情報を公開しています。

海や山に散骨する自然葬の他に、花や木などの樹木を墓石の代わりにして埋葬する、樹木葬も増えつつあります。どちらも、自然と一体になるという思いが故人にあるのでしょう。
誰も訪れることがない墓の下で眠るより、自然に抱かれて鳥や昆虫たちの訪問を受けられる環境を望む人が増えているのです。